<休診日> 水曜午後・日祝日

福岡県北九州市八幡西区東筑1丁目6-23

便潜血検査で
陽性と出た方へ

便潜血検査は健康診断で広く普及している検査です。下部消化管内で異常が生じて、腸管内で出血しているかどうかを確認することが出来ます。便潜血検査で陽性であった場合は、排便中に血液が混入していますので、「便潜血陽性」と指摘された方はお早めに精密検査を受けていただく必要があります。

便潜血陽性には
どんな危険があるの?

便潜血陽性は下部消化管内で異常が生じているサインです。下部消化管内で生じる病気の中で無視出来ないのが「大腸がん」です。大腸がんは発症初期の段階では殆ど自覚症状がみられないですが、便潜血検査による微小な出血の確認で早期発見は可能です。便潜血検査で陽性と指摘された際はお早めに大腸カメラ検査を受けていただきたく思います。

便潜血陽性と判明してから精密検査を受けていただくと、仮に大腸がんが見つかったとしても、早期発見が可能となりますので根治治療も目指す事が出来ます。近年大腸がんによる死亡者数は増加傾向ですが、その大腸がんで亡くなる方を減らすためには、まずは便潜血検査を受けていただくことです。

陽性と出たら
大腸カメラ検査を

便潜血検査で陽性と指摘された方はお早めに大腸カメラ検査を受けていただくことを推奨します。大腸カメラ検査は大腸粘膜内腔を直接観察することが出来ます。大腸カメラ検査中に直接病変を観察することができるので、原因の特定、並びに適切な治療方針の決定が可能となります。

便潜血陽性後の精密検査(大腸カメラ検査)の受診率は依然として低いのが現状です。大腸がんで苦しい思いをされる方を減らしていくためには、便潜血陽性と指摘された後の大腸カメラ検査を受けて下さい。

当院の大腸カメラ検査

当院では内視鏡検査(大腸カメラ検査)を専門的に行っています。皆様が快適に大腸カメラ検査を受けていただけるために、スタッフ一同協力して様々な工夫を行なっています。

当院では大腸カメラ検査施行時に身体的に問題なければ鎮静剤を使用します。鎮静剤を使用することで、眠ってリラックスした状態で検査を受けていただけます。また鎮静剤を使用することで、患者様の検査時の力みもなくなりますので内視鏡スコープの挿入が楽になったり、消化管の動きが落ち着きますので検査の質向上にも繋がります。その他の特徴としては、看護師スタッフがサポートしながら院内で下剤が飲めたりと、患者様皆様にご安心していただく環境を整えています。

大腸カメラ検査をご希望される方は、まず当院の外来診療を受診していただく必要がありますので、当院HPから外来診療の予約を取得して下さい。

お問い合わせ

便潜血検査は便に血液が混入しているかどうかを確認する検査ですが、大腸がんの早期発見に有効な検査です。大腸がん検診で便潜血検査を実施されている所が多いと思いますが、毎年受けていただきご自身の健康管理を把握していただきたく思います。

万が一、便潜血検査を受けて陽性と指摘された際は、腸管内に何かしらの異常が生じているサインと考えます。自己判断で軽視せず、お早めにお近くの内視鏡検査(大腸カメラ検査)を実施しているクリニックで検査受診をお願い致します。

ご予約・お問い合わせはお電話で

093-691-0660

電話受付時間

平日 9:00~18:00 / 土曜 9:00~16:00