<休診日> 水曜午後・日祝日

福岡県北九州市八幡西区東筑1丁目6-23

以下のような項目でお悩みの方はご相談下さい

健康診断とは

健康診断では病気の発症リスクを把握するために自身の健康状態を検査します。
特に近年増加傾向にある生活習慣病 (糖尿病や高血圧、脂質異常症など)は発症初期の自覚症状は感じることなく、病状が進行していきます。自身では健康と思っていても実は脳梗塞や心筋梗塞などの病気の発症リスクが高まっていることもあります。

ご自身の健康状態を知るためにも、毎年健康診断を受けていただくことを推奨しています。
当院では、自治体が行う健康診断の他にも、企業健康診断、雇入時健康診断など幅広く行っています。

健康診断メニュー

一般定期診断(定期健診や企業健診)

一般定期診断とは国が労働安全衛生法で定めている健康診断で、法律によって毎年定期健診や企業健診を受けるよう義務付けられています。白土医院では労働安全衛生法で明記されている各種健康診断を行っていますので、お気軽にご相談下さい。

北九州市の特定健診

生活習慣病の前兆でもある「メタボリックシンドローム」に着目した健康診断を特定健康診査と言います。特定健診を受けていただき、その結果で医師が必要と判断した際はメタボリックシンドロームの予防・改善のための「特定保健指導」も実施しています。

北九州市の特定健診では、40歳から74歳までの国民健康保険加入の北九州市在住の方が対象となります。
特定健診は行政が負担するため、特定健診受診時の費用は掛かりません。ご受診をされる際は行政から誘導で届いた受診券と保険証をご持参ください。
※特定健診の受診期間は受診券が届いてから翌年の3月31日までとなります。

高齢者特定健診

75歳以上の福岡県在住者が対象となります。高齢者特定健診の費用は500円かかりますが、県から指定のある項目に関して健診が可能です。

胃がん検診

北九州市にお住いの50歳以上の方は、胃がん検診を受けて頂きたく思います。当院では胃内視鏡検査による胃がん検診を行っております。
今年度、胃内視鏡検査で胃がん検診を受けた方は、翌年度は胃部エックス線検査を受けられません。翌々年度に胃部エックス線検査か胃内視鏡検査を受診してください。胃内視鏡検査による胃がん検診をご希望される際は、事前に当院までお問い合わせ下さい。

診査内容問診、胃内視鏡検査
対象者50歳以上の市民・会社等の検診を受ける機会の無い方
実施期間一年中
受診料1,000円 (70才以上は無料)
受診回数2年度に1回

大腸がん検診

北九州市にお住いの40歳以上の方は、毎年大腸がん検診を受けて頂きたく思います。
大腸がん検診では便潜血検査を行いますが、近年増加傾向にある大腸がんの早期発見に有効な検査です。便潜血検査を受けて頂いて異常がみられた際は、皆様の不安を解消するためにも当院ではその後の2次検査(大腸カメラ検査)を行っております。

診査内容問診、便の潜血反応検査(便潜血検査)
対象者40歳以上の市民・会社等の検診を受ける機会の無い方
実施期間一年中
受診料500円 (70才以上は無料)
受診回数1年度に1回

前立腺がん検診

北九州市にお住いの50歳以上の男性の方は、毎年前立腺がん検診を受けて頂きたく思います。
PSA検査では血液中や尿中のPSA値を測定します。

診査内容PSA検査
対象者50歳以上の男性・会社等の検診を受ける機会の無い方
実施期間一年中
受診料1,000円 (70才以上は無料)
受診回数1年度に1回

カスタマイズ健康診断

当院では健康診断で受けて頂く検査項目を皆様にカスタマイズして頂いております。
会社の健康診断の場合は会社ごとで受ける検査項目が異なります。会社が指定している項目を聞いて頂き、受けたい検査項目をご予約時にスタッフまでお申し付け下さい。

当院のカスタマイズ健康診断では下記のベーシックコースをベースとして、受けたい検査項目を追加していく形となります。追加する検査項目は下記の「オプションメニュー」よりお選びください。

カスタマイズ健康診断の費用面に関しては、ベーシックコースの3,300円(税込)に、受けられる検査項目の費用を追加していく形となります。例えば、追加で胸部レントゲン1方向と心電図検査をご希望される場合の健康診断料金は、「3,300円+2,420円+1,650円」の合計7,370円となります。

ベーシックコース

当院の基本的な健康診断コースです。

検査項目問診・診察自覚症状、業務歴、既往歴、生活習慣(飲酒・喫煙)、服薬状況、医師による診察
身体測定身長、体重、BMI、腹囲、視力検査、聴力検査
尿検査蛋白、糖、尿潜血、尿中白血球
検査料金3,300円(税込)

オプションメニュー

以下の項目からご希望される検査項目をお選びください。
※検査費用は全て税込価格です

画像検査 胸部レントゲン1方向
左右の肺や心臓など、胸部の臓器の形や病変をチェック
2,420円
胸部レントゲン2方向
左右の肺や心臓など、胸部の臓器の形や病変をチェック
3,300円
骨塩定量
骨の状態(密度)をチェック
2,000円
腹部超音波検査
肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、脾臓等を超音波でチェック
6,000円
胃内視鏡検査(胃カメラ検査)
胃や腸など消化器官のチェック
15,000円
大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)
大腸などの消化器官のチェック
18,000円
機能検査 心電図
心臓の動きを電気的な波形に現して記録してチェック
1,650円
ABI+CAVI(血管伸展性)
動脈の狭窄や閉塞の程度をチェック
1,210円
肺機能検査
息を吸ったり吐いたりして肺の機能をチェック
3,850円
無呼吸簡易検査
睡眠時無呼吸症候群の早期発見に繋がります
9,350円
微生物検査 大腸がん検診
大腸がん(下部消化管出血)のスクリーニング検査
1,650円
検診便セット
赤痢・サルモネラ・チフス・パラチフス・腸管出血性大腸菌などの検査
4,400円
血液検査 糖尿病
検査項目:HbA1c/食生活が気になる方、運動不足の方など
550円
心臓病
検査項目:BNP/無症候性心不全の早期発見に繋がります
2,200円
肝機能検査
検査項目:GOT/GPT/γGTP/肝臓の働きをチェック
550円
脂質検査
検査項目:LDL/HDL/中性脂肪/コレステロールのチェック
550円
貧血検査
検査項目:抹消血液検査/貧血のチェック
550円
腎機能・痛風検査
検査項目:尿酸・尿素窒素・クレアチニン/腎臓のチェック
550円
甲状腺検査
検査項目:TSH・FT3・FT4/甲状腺機能をチェック
4,400円
アレルギー検査
検査項目:スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ソバ・小麦・大豆・ピーナッツ・エビ・カニ・牛乳・卵白・ネコ・イヌ・ハウスダスト・ヤケヒョウダニ・コナヒョウダニ
1,100円
(1項目)
血液型検査
(ABO型、Rh型)
2,750円
前立腺がん検診
検査項目:PSA/前立腺がんのスクリーニング検査
3,520円
肝炎ウイルス検査
検査項目:HCV抗体定量+HBs抗原定性
3,960円
ピロリ抗体検査
ヘリコバクター・ピロリ菌の有無の確認
3,000円
麻疹抗体検査「はしか」
検査方法:IgG法
4,320円
風疹抗体検査
検査方法:HI法
2,860円
水痘抗体検査「水疱瘡」「帯状疱疹」
検査方法:EIA法
4,320円
おたふく抗体検査「ムンプス」
検査方法:EIA法
2,790円

再検査・要精密検査と
診断された方へ

血圧が高いと指摘された

血圧が高いと指摘された方は「高血圧症」の疑いがあります。高血圧症は基本的に自覚症状がみられず、知らないうちに病状が進行しています。
血圧が高い状態が慢性的に続くと全身の血管で動脈が硬くなってしまい(動脈硬化)、脳疾患(脳梗塞など)や心臓病(心筋梗塞・心不全など)、腎不全などの重大な病気の発症リスクが高まります。血圧が高いと指摘された方はお早めにご相談ください。

血糖値やHbA1c値が高いと指摘された

血糖値やHbA1c値が高いと指摘された方は「糖尿病」の疑いが高いです。
膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンの働きが弱まることで、血液中にある糖分の濃度が高まり、糖尿病が発症します。

血糖値が慢性的に高い状態が続いてしまうと、全身の血管が硬くなり(動脈硬化)血流が悪くなることで様々な合併症(神経障害、足の壊疽、腎不全、網膜症など)や心筋梗塞や脳卒中など重大な病気の発症リスクが高まります。血糖値が高い、HbA1c値が高いと指摘された方はご相談ください。

血中コレステロール値(LDL値、HDL値)に異常があると指摘された

LDL値が高い、HDL値が低いと指摘された方は「脂質異常症」の疑いが高いです。
血液中を流れる脂質やコレステロール値が高くなることで全身を流れる血液がドロドロになり、血流が悪くなっている状況です。血液中の脂質・コレステロール値が高いと全身の血管が硬くなったり(動脈硬化)、血管内で不要物が固まってできるプラークなどが生じてしまいます。

生活習慣病は全体的に自覚症状を感じにくいことで有名ですが、脂質異常症はその中でも特に自覚症状を感じにくい病気です。脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気の発症リスクも高まるため、LDL値が高い、HDL値が低いと指摘された方はご相談ください。

肝機能(ALTやALS)の数値が高いと指摘された

ALT値やALS値が高いと指摘された方は「肝臓機能障害」の疑いが高いです。
肝臓は体内の代謝や解毒を行ったり、タンパク質などを蓄える大切な臓器です。肝臓には神経があまり通っていないため、異常が生じていても症状を感じにくい "沈黙の臓器" とも言われています。

肌が黄色くなった(黄疸)、疲れやすくなった、疲れが取れない、身体が重い・怠いなどの症状がみられる際はお早めにご相談ください。

尿糖・蛋白尿、尿潜血と指摘された

尿蛋白や尿糖、尿潜血と指摘された方は「腎臓機能障害」の疑いが高いです。
腎臓は血液中から老廃物を吸収し、尿として体外に排出させる重要な役割を担っています。老廃物を腎臓内で吸収する際に、老廃物と一緒にタンパク質や糖分などの成分も一緒に吸収されてしまいますが、タンパク質や糖分などの成分は血液内に送り返されるので尿中には糖分やタンパク質は含まれていません。

腎臓の機能が低下していると尿中からたんぱく質や糖分が検出されるので、尿糖や尿蛋白と指摘されたらご相談ください。

ヘマトクリット値や赤血球数が低いと指摘された

ヘマトクリット(Ht)値や赤血球数が少ないと指摘された方は「貧血」の疑いが高いです。
血液中を流れる各血球成分の体積が占める割合の事をヘマトクリットと言いますが、血球成分の中でも赤血球が占める割合が一番高いです。

赤血球は全身組織中に酸素を運ぶ役割を担っていますので、赤血球数が低いと全身に酸素を運べなくなるために貧血を引き起こします。ヘマトクリット値や赤血球数が低いと指摘された方はご相談ください。

便潜血検査陽性と指摘された

便潜血検査で陽性と指摘された方は「大腸がん」の疑いがあります。
便潜血検査では便中への血液の混入の有無を検査します。大腸がんも初期の自覚症状を感じることなく進行していき、お腹が痛いなどの自覚症状がみられた頃には進行癌へ成長していることもあります。

便潜血検査では眼には見えない微小な血液の混入の有無も検査することができますので、大腸がんの早期発見に有効的な検査です。便潜血検査を受けて便潜血陽性と指摘された際は 内視鏡検査(大腸カメラ検査) で下部消化管内の精密検査を受ける必要がありますのでお早めにご相談ください。

企業健診の流れ

STEP1. ご予約

お電話やWEB上にて予約を受け付けております。
※ご希望されている検査内容があれば予約時に教えてください

STEP2. 健康診断の当日

健康診断はリラックスした状態で受けて頂きたく思いますので、健康診断の当日はお時間に余裕を持ってお早めにお越し下さい。また、お食事をされると検査数値に影響が及ぶ可能性もありますので、お食事は抜きでお越しください。

STEP3. 検査結果の郵送

健康診断の受診後は、約2週間程度で検査結果が出来上がります。検査結果はご自宅まで郵送致します。

ご予約・お問い合わせはお電話で

093-691-0660

電話受付時間

平日 9:00~18:00 / 土曜 9:00~16:00