<休診日> 水曜午後・日祝日

福岡県北九州市八幡西区東筑1丁目6-23

このような症状の方はご相談下さい

上記のような症状でお困りの方は痔の可能性が高いのでお早めにご相談下さい。

当院では痔の診察を行っておりますが「肛門内科」を標榜しておりますので、軟膏剤や内服薬の処方のみ行っております。外科的処置・手術が必要な場合は近隣医療機関へ紹介させて頂くことがあります。どうかご理解ご了承頂けますと幸いです。

肛門内科 (痔)とは

痔は「診察を受けるのが恥ずかしい」と診察を受けるのが億劫になられる方も多くいらっしゃいます。しかし治療の開始時期が遅れてしまうと病状が進行していくので根治が難しくなる以外にも、日々の生活に大きく影響が出てしまいます。早期の段階で治療ができればより高い治療効果が見込ますので、上記のような症状でお困りの方はご相談下さい。

痔には、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろう(穴痔)がありますが、それぞれで治療方法が異なります。いぼ痔や切れ痔は適切な治療を発症初期の段階から実施する事ができれば、生活習慣の改善と薬物療法で治療が可能となります。

痔の種類

いぼ痔 (痔核)

肛門の内側、外側にイボ状の突起物ができます。肛門の外側にできる場合を外痔核、肛門内の粘膜上にできる場合を内痔核と言います。内痔核は出血を生じる事が多く、外痔核は皮膚上にできるため強い痛みが生じます。

痔核は「排便時のいきみ」「椅子に長時間座っている」のような肛門に負担が掛かる事で血流悪化を引き起こし、痔核が生じます。

内痔核

肛門内にイボ状の膨らみができます。便が擦れる事でその部位から出血してしまいます。内痔核の大きさにもよりますが、便器内が真っ赤に染まるくらい大量に出血する場合もあります。肛門の粘膜には知覚神経が通っていないので、内痔核が生じていても痛みを感じにくいのが特徴です。

外痔核

皮膚には知覚神経が通っているので、外痔核が生じていると強い痛みを感じます。ただ、外痔核の場合は出血が殆どみられません。外痔核は医薬品による薬物療法で治療を進めていく事が多く、病状が進行しても緊急手術が適応となる場合は少ないです。

切れ痔

切れ痔は肛門周囲の皮膚が傷ついている(裂けている)状態です。便秘症で硬く太い便が肛門を通過する際に傷つく事が多いです。ただ下痢でも切れ痔は生じる事があります。切れ痔は痛みを感じますが、拭いたトイレットペーパーに血がつく程度の出血量です。痛みは排便後しばらく経つと消えますが、慢性化すると痛みが何時間も続く事があります。

切れ痔は慢性化すると傷が深くなり組織潰瘍が生じます。そうなってしまうと余計に切れ痔が生じやすくなり悪循環になります。少しでも症状がみられる際はお早めにご相談下さい。

痔ろう

皮膚と粘膜の境界部分を歯状線と言いますが、下痢などで歯状線のくぼみに細菌が溜まる事で肛門周囲膿瘍を引き起こします。肛門周囲膿瘍が生じると化膿した膿が粘膜下層まで深く進んでトンネルのような瘻管を作っていきます。これを痔ろうと言います。痔ろうは進行していくと皮膚まで到達してしまいます。

肛門周囲膿瘍が生じると腫れや痛み、発熱といった症状があります。痔ろうは特に自覚症状はありませんが、肛門内から皮膚上にトンネルができるので、下着の汚れや肛門周辺の皮膚炎を引き起こす事はあります。重症化すると痔ろうによるトンネルが複雑に発達するので便失禁を引き起こす事があります。

痔の再発を防ぐために

痔の再発原因としては、排便時のいきみ、慢性的な便通異常(便秘や下痢)、排便習慣が大きく関わってきます。排便習慣の改善、つまり生活習慣の改善は痔の治療において大切となります。

便秘や下痢は生活習慣指導でも改善していきますが、いぼ痔や切れ痔の治療では生活習慣改善をもとに医薬品(軟膏)も処方されます。病状を悪化させない、再発させないために、日々の生活習慣の改善をお願い致します。以下に気を付けて欲しい項目を記載しております。







診察の流れ

1. 診察の受付

保険証と常用薬のある方はお薬手帳をご持参下さい。院内で問診にお答えいただきます。

2. 診察

痔の診察では服を全て脱ぐ必要はありません。肛門が見える範囲まで衣服をずらしていただきます。

痛み止めのゼリーを肛門に塗ってから、肛門の指診、肛門鏡にて肛門内の観察を行います。診察にかかる時間は約2~3分です。

3. 病状の説明

服を着ていただきましたら病状の説明を行います。その際に今後の治療方針についても説明していきます。

4. お会計

受付にてお会計となります。
院外処方箋を発行しますので、ご都合の良い薬局に処方箋をお渡ししていただき、処方薬を受け取って下さい。

お問い合わせ

肛門に違和感を感じていても、「診察するのが恥ずかしい」と思われて医療機関で診察を受ける事を遠慮される方が多くいらっしゃいます。発症早期の段階では高い確率で根治を目指せますが、治療が遅れてしまうと治療が難しくなります。

当院には北九州市内からも北九州市外からも痔の診察・治療を目的に来院していただいております。少しでもお尻の違和感を感じた際は、いつでもお気軽にご相談下さい。

ご予約・お問い合わせはお電話で

093-691-0660

電話受付時間

平日 9:00~18:00 / 土曜 9:00~16:00