<休診日> 水曜午後・日祝日

福岡県北九州市八幡西区東筑1丁目6-23

以下の項目に該当する方は要注意です!

上記のような症状が該当する方はアニサキス症の疑いがあります。
当院では消化器専門外来を実施しておりますので、消化器症状の診察・精密検査を行っています。

アニサキス症とは

アニサキスは海に生息している寄生虫の一種で、イカ、サバ、タラなどの海鮮類の内臓に寄生しています。アニサキスは寄生先の魚介類が死亡すると、内臓から筋肉へ移動します。そのため、お刺身やお寿司など生の状態でアニサキスが寄生している魚介類を食べてしまうとアニサキスに感染してしまい、激しい胃痛や嘔吐・吐き気が生じます。

アニサキスは人間の体内では生息ができないので、数日程で胃痛や嘔吐・吐き気などの消化器症状は治まります。稀ではありますがアニサキスによる合併症で重症化する事もありますので、上記の項目に該当される方はお早め消化器を専門としているクリニックまでご相談下さい。

アニサキスの感染経路

アニサキスは火の通っていない生の海鮮類を食べる事で感染してしまいます。人間の体内に侵入したアニサキスは胃や腸の粘膜を噛んだり、粘膜を突き破ろうと動いているので激しい胃痛、嘔吐・吐き気などの消化器症状がみられます。

アニサキスが
原因となる病気

アニサキス症にはいくつかの種類に分類する事が出来ます。

胃アニサキス症

生の海鮮類を食べて数時間~十数時間後に激しい胃痛や吐き気・嘔吐、胃の不快感がみられます。アニサキス症の胃痛は特徴的で、一定間隔で胃痛を引き起こしたり、胃痛が落ち着いたりと繰り返されます。消化器症状が悪化した場合は発熱や蕁麻疹などのアレルギー反応も伴います。

腸アニサキス症

生の海鮮類を食べて半日~数日後に下腹部の痛み(腹痛)や胃アニサキス症と同じように嘔吐・吐き気、胃の不快感がみられます。腸アニサキス症が悪化した場合は、腸がむくんだり、腸閉塞(イレウス)、穿孔(腸壁に穴が空く)、腹膜炎などの合併症を引き起こす事があります。

消化管外アニサキス症

稀ではありますがアニサキスが消化管の外へ飛び出し、別の部位で寄生する事があります。アニサキスが寄生している部位、発症している消化器症状に応じて適切な治療を行う必要があるので早急に精密検査をします。

アニサキスアレルギー

アニサキス症とアレルギー反応は関連があると言われています。アニサキスに感染する事で全身に蕁麻疹のような症状、アナフィラキシー・ショック、血圧低下、呼吸困難などの症状を引き起こす事もあります。

検査方法

アニサキス症が疑われる場合は胃カメラ検査・大腸カメラ検査で消化管内の精密検査を実施します。アニサキス症の多くは胃アニサキス症なので、胃カメラ検査を行う機会が多いです。また、胃内にアニサキスが内視鏡検査にて確認されるとそのまま治療を行います。内視鏡から鉗子を挿入して把持して除去します。

当院では検査を受けられる皆様が快適に胃カメラ検査を受けていただける為に様々な工夫を行っています。詳細は当サイトの胃カメラ検査ページをご覧下さい。

胃カメラ検査について

予防するには

アニサキス症の予防としては、アニサキスが寄生している海鮮類を食べない事ですが、それは非常に難しいお話です。
アニサキスは2~3cm程の大きさなので海鮮類をスーパーなどで購入される際は肉眼でも確認する事は可能です。また、イカやサバなどの内臓を食べる事は危険ですのでお控え下さい。

また、アニサキスは70℃以上または60℃以上で1分間の加熱処理、-20℃以下で24時間以上の冷凍処理をする事で死滅します。

ご予約・お問い合わせはお電話で

093-691-0660

電話受付時間

平日 9:00~18:00 / 土曜 9:00~16:00