気温の変化により体調を崩さないために日々の生活で予防をしていきましょう!

2017年12月01日更新


12月に入り気温が低下し、寒く感じる日が多くなりました。温度の変化によって体調を崩される方が多く見受けられます。人間の身体は、免疫不全や脱水状態、疲労や体温の低下などで免疫力は低下します。その様な状態の時に、寒冷や空気の乾燥によりウイルスに感染して、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるのです。冬の寒さに負けてしまわないように、日々の生活で予防をしていきましょう!

①栄養をしっかりとろう

免疫力を高める栄養素。ビタミンA(レバー等)やビタミンB(ヨーグルト・セロリ等)やビタミンC(なす・トマト等)の摂取を心掛けましょう。蛋白質も抵抗力をつけるためには必要です。また亜鉛(牡蠣・大豆製品等)は免疫細胞のはたらきを活性化させます。

②部屋の湿度を40%~60%に保とう

乾燥はウイルスにとって蔓延できる環境です。

③うがい・手洗いを毎日の日課にしよう

帰宅時に毎日うがい・手洗いを徹底するように心がける事が大切です。また、十分な休息をとるようにしましょう。

訪問診療をご希望の方へ
求人はこちら

医療法人 白土医院

診療科目

内科・消化器内科・小児科

診療時間

受付時間はそれぞれの15分前までです。

休診日

水曜午後・日曜・祝日
診療内容へ

地図
福岡県北九州市八幡西区東筑1丁目6-23

アクセスへ